職場のお役立ち情報

職場のお役立ち情報

防災用非常食・飲料水はどれだけ用意したらいいの?

最低限3日分、余裕があれば1週間分の備蓄を心がけましょう

非常食・飲料水の備蓄量は3日分あれば良い、とよく言われます。これは3日以内に何らかの救援や物資が届く過去の震災から導きだされたものです。しかし、これはあくまでも最低限の話で、東日本大震災では、原発の事故や、陸路の分断、ガソリン不足、空からの救援が不能になるなど予想外の出来事が重なり、地域によっては3日どころか2週間以上、物資が届かないところがありました。過去に例のない規模の大型地震が発生した場合にも、予想外の事態が発生する可能性は十分に考えられます。

こういったことからも、3日分というのは最低限の量だということが分かりますので、余裕があれば1週間分は備蓄する事を心がけましょう。

非常食・飲料水の「1人3日分」の量は?

総務省消防庁の防災啓発冊子によると、飲料水は1人につき「1日3リットル必要」とあります。また、非常食の例では、以下のようになります。

<非常食1人で3日分の一例>
  • ごはん(アルファ米):4~5食分
  • ビスケット:1~2箱分
  • 板チョコレート:2~3枚分
  • カンパン:1~2缶
  • 缶詰:2~3缶

お見積りやご相談などございましたら、
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら
一覧へ戻る

ページトップ