新着情報

『KYバッテリープラグ脱着治具』が平成28年度豊田ものづくり
ブランド製品に認定されました

8月26日(金)豊田商工会議所にて、豊田ものづくりブランド推進協議会が主催する、豊田ものづくりブランドの認定式がおこなわれ、『KYバッテリープラグ脱着治具』が認定されました。
昨年は、KYクロスをベースとした傷防止材3品が選ばれ、今回で2年連続での受賞となりました。
本年度、豊田ものづくりブランドに認定された企業は9社、技術分野から製品分野まで全9点が認定を受けました。
弊社が認定を受けた製品は、フォークリフトやエレカ、タグノバのバッテリープラグを力いらずで、無理なく安全に脱着できる治具です。

KYバッテリー脱着治具の特長
①プラグの結合部が固く、脱着時に力まかせによる作業で、破損や転倒などの危険がありましたが、テコの原理で脱着荷重15kgfがわずか4kgfになり、脱着が力いらずで、無理なくできるようになりました。
②作業時に摩擦によるスパッターや静電気などで火災につながる恐れがありましたが、脱着箇所がカバーされているため引火を防止できます。
③治具はあっても、溶接が重く、コストが高価でしたが、各部品をボルトとナットで組み立てる構造にしたため、軽量のうえ安価で、且つパーツごとのメンテナンスも容易になりました。

認定期間である2年を有効に活かし、各企業様での展示会始め、メッセナゴヤなどの公共の展示会でも同製品をPRしてまいります。
KYバッテリープラグ脱着治具のチラシはこちらをご覧ください

  • 太田市長、三宅商工会議所会頭を囲んでの記念撮影
  • 認定証と盾
  • 太田市長、三宅会頭との記念撮影
  • 認定式には多くの関係者が参加
  • 認定証は三宅会頭からいただきました
  • 阪本社長の説明を真剣に聞く市長と会頭

豊田ものづくりブランドとは
「自動車産業で培った高度な技術・生産方式を持つ産業都市」である当地域を支える企業の持つ優れた技術・製品にスポットを当て、一定の基準を満たすものを「豊田ものづくりブランド」として認定し、企業の発展・雇用促進と当地域のものづくりレベル向上・イメージアップを図るために作られた制度です。

新着情報一覧に戻る

ページトップ